オールド ケメックス/ビンテージ ケメックス
【オールド ケメックス】 1941~1980's
1941年にニューヨークで誕生して以来、今なお世界中で使われているコーヒーメーカーのロングセラー「ケメックス/CHEMEX」。 三角フラスコと漏斗を合体させたような特徴的なフォルムは、ドイツ人の科学者ピーター・シュラムボーン博士によって考案されました。 その美しいデザインと極限まで高められた機能性により、近年も再評価の熱が高まっています。 もちろん世界的な名声を得たのには理由があります。一体成型されたガラスのボディと、本体のくびれ部分の 木枠と革紐の持ち手は、キッチンに置くだけでは惜しいほどの美しさを備えています。 そのミニマムなデザインと機能性は高く評価され、ニューヨーク近代美術館(MOMA)やスミソニアン博物館等の永久 展示品にも選ばれています。また、あのチャールズ&レイ・イームズや柳宗理などのプロダクトデザイナーが 愛用していたことでも有名です。

ケメックスは現在もアメリカのマサチューセッツ州チコピーにある本社で組み立て、検品、梱包が行われ製造が続いています。 こちらのページでは、「オールド・ケメックス」と呼ばれる 1941年~80年代初期ごろに製造されたビンテージのケメックスをご紹介しています。 これまで幾度も仕様変更を重ねており、初期~60年代頃までのパイレックスにガラス部分の製造を依頼していたモデルや、 主に70年代にドイツのガラスメーカーに依頼していたモデルなどが存在します。 オールドケメックスのほとんどは手作業によるハンドブロウ製品です。経年により色合いが変わり、味の出たウッドネック(木枠)や 厚みのある手吹きガラス独特の存在感をお楽しみください。

→ コーヒーの淹れ方はこちら
→ ケメックス本体の新品(現行品)のページはこちら
→ ケメックスのフィルター、パーツ、アクセサリーのページはこちら
商品画像をクリックすると詳細画面に移ります♪
CM-1
CM-1
CM-2
CM-3
CM-3
CM-10
CM-4
CM-4
CM-4
CM-4
CM-4
\24800
CHEMEX(ケメックス)でのコーヒーの淹れ方
【ケメックスの豆知識】
主なサイズ展開
CM-1 1-3cup
CM-2 2-6cup
CM-3 2-8cup
CM-4 2-13cup

「BUTTON/ボタン」といわれる側面下部の突起部分が、カップ数の目安。
それぞれ、ボタンの部分までコーヒーを淹れたときに、

CM-1の場合で2cup
CM-2の場合で3cup
CM-3の場合で4cup
CM-4の場合で6cup

まで入っていることを示します。

【ケメックス社/Chemex Corporation】
1939年、ドイツ人科学者ピーター・シュラムボーン博士によりニューヨークのトライベッカに設立。 現在の本社はマサチューセッツ州ピッツフィールド。 1962年に博士が亡くなった後もケメックスは改良を重ね人気を博していたが、70年代には経営難になり、 1981年にグラッシィ家がケメックス社の経営を引き継ぎ、今にいたる。

【ピーター・シュラムボーム(1896-1962)】
新しい道具を考案するのが好きな発明家でもあり、生涯で300以上もの特許を申請。 ケメックスをはじめ、約20点以上ものデザインがMoMAに永久所蔵されている。その大半が、コーヒーやカクテルのための器具。 戦時中はルーズベルト大統領にケメックスを送り、 「金属資源は軍事に用いるべき今、ガラスと木のケメックスは素晴らしい製品である」と大統領のお墨付きをもらったという。
1936年にアメリカに移住。
1939年にケメックスの特許申請。
→同年のニューヨークワールドフェア(万国博覧会)でプロトタイプを発表。
1941年にケメックスの特許を取得。同年にMOMAのパーマネントコレクション(永久展示品)に認定。