Glasbakeグラスベイク

マッキーグラスカンパニーが、1917年にスタートした耐熱ガラスブランドが「グラスベイク」です。 フェデラルやファイヤーキングなど各社がアドバタイジングマグの製造を行った時期には、グラスベイクも参入し数多くのアイテムを生み出しました。 1980年代まで製造されていたため、パックマンやドンキーコングなど有名ビデオゲームキャラのプロモーション用マグが存在するのも魅力です。 他にも、温かみのあるパステルカラーと大容量が特徴の「リプトン・スープマグ」も人気のアイテムです。 グラスベイクは、経営母体を様々に変えながら存続したブランドでもあります。 ブランド誕生からのマッキーグラスカンパニーでの営業形態は1951年まで続き、 以降10年間は経営母体がサッチャーグラスマニュファクチュアリングカンパニーへ移りましたが、その傘下でマッキー部門として継続されました。 さらに、1961年には老舗ガラスメーカーのジャネット社が、サッチャー社が持つマッキーのオリジナルモールドを買い取ることでグラスベイクシリーズを受け継ぎ、1983年まで生産を続けました。 1961年以降のジャネット社傘下の製品には製品番号とジャネット社の「J」の文字が刻印されているものも存在し、リプトン・スープマグなどで刻印を確認することができます。

Mug Cup マグカップ

商品画像をクリックすると詳細画面に移ります♪